「保険チャンネル」でお金の悩みや不安を相談!

【実際に使ってみた】Audibleの特徴をわかりやすく紹介!

当ページのリンク先には広告が含まれています。
Audibleの特徴をわかりやすく紹介

「聴く読書」という言葉をしっていますか?

Audibleとは「耳から聞ける読書」で通勤中や家事、ランニングしながら聴く読書をすることができるサービスです。

この記事ではAudibleの特徴についてわかりやすく紹介します。

この記事でわかること
  • Audibleの特徴
  • Audibleの口コミ
  • Audibleを実際に使った感想
  • Audibleの始め方
  • Audibleに関するよくある質問
  • スキマ時間を有効活用できる
  • プロの声優・俳優の朗読
  • コスパ最強!
30日の無料体験で「聴く読書」を楽しもう!
本記事の信頼性
ひゅー アイコン 

ひゅー

  • Audible利用者
  • Audible再生「320時間超え」
  • 「57」作品読了
  • リスニングレベル「学者」
  • バッジ獲得数「13」
読みたいところをタップ

Audibleとは

引用:Audible
Audible
月額料金(税込み)1,500円
無料期間30日間
学割なし
対象作品12万作品以上読み放題
ジャンルビジネス書
自己啓発
資産・金融
文学・フィクション
ラノベ
教育・学習
絵本・児童書
洋書
など
ダウンロード機能あり
オリジナル作品あり
再生速度0.5~3.5倍速
公式サイトhttps://www.audible.co.jp/
キャンペーン初回登録時2ヶ月無料など

Audible本を朗読してくれる「聴く読書」をすることができるサービスです。

ひゅー

本を読む時間がなくても耳から聞くことができるので、時間が取れない人におすすめです。

月額料金が1,500円なので、1冊本を聴いたら元が取れます!

「1,500円はサブスクとしては高いかも」と感じてしまいますが、すぐに元が取れるようになっています。

\30日間の無料体験あり!/

公式サイト:https://www.audible.co.jp/

Audibleの特徴

Audibleの特徴

Audibleの特徴について紹介していきます。

それでは、詳しく紹介していきます。

12万冊以上の作品が聴き放題

Audibleは12万冊以上の作品が聴き放題になります。

様々なジャンルの本を読むことができるので、「聴きたい本がない」ということにはなりにくいです。

本のカテゴリーは全部で27個あります。

ジャンル一覧
  • ビジネス書
  • 自己啓発
  • 文学・フィクション
  • ラノベ
  • 教育・学習
  • 絵本・児童書
  • 洋書
  • ティーン
  • 衛生・健康
  • スポーツ・アウトドア など

プロの声優や俳優が朗読してくれる

Audibleではプロの声優や俳優が朗読してくれます。

好きな声優の声を本を聴くことができるのでうれしいですよね。

声優や俳優から本を検索することもできます

語学の勉強に最適

Audibleでは語学の勉強の本や洋書があるので語学の勉強をすることができます。

再生速度が0.5~3.5倍速まで変更が可能なので、リスニングの練習に最適です。

語学学習できる言語
  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語
  • スペイン語
  • フランス語
  • オランダ語 など

ダウンロード機能がある

Audibleはダウンロード機能があるので通信料を気にせず外でも使用することができます。

ランニングや通勤時の時間にイヤホンを付ければ本を楽しむことができるので、スキマ時間を有効活用しましょう。

再生速度が変更できる

Audibleでは再生速度が0.5~3.5倍速まで変更することができます。

本を早く聴きたい人は再生速度を上げて、ゆっくり聴きたい人は再生速度を下げましょう。

僕は基本的に1.1~1.3の再生倍速で聴いています

無料トライアルが30日間ある

Audibleは初回登録時に30日間の無料トライアル期間があります。

この期間に解約すれば、無料で30日間利用することができるので、気になる人はぜひお試しください。

\30日間の無料体験あり!/

公式サイト:https://www.audible.co.jp/

Audibleのデメリット

Audibleのデメリット

ここでは、Audibleのデメリットについて紹介します。

それでは、詳しく紹介していきます。

要点だけ聴くのが難しい

Audibleは要点だけ聴くということが非常に難しいです。

目次ごとに飛ばして聴くことはできますが、飛ばしたらその間は何の話をしているのかはまったくわかりません。

本であればパラパラめくって少しだけでも内容はわかりますが、Audibleではそれができないのがデメリットです。

途中で話の内容を忘れてしまう

聴いているときに最初の内容を忘れてしまうなんてことがあります。

1冊の作品を聴き終えるのに、1時間~12時間かかります。

5時間くらいの内容になってくると、最初の内容は忘れてしまうことがあります。

可能であればメモや読書ノートをするなどアウトプットすると、より内容を理解して覚えることができます

\30日間の無料体験あり!/

公式サイト:https://www.audible.co.jp/

Audibleの口コミ

Audibleの口コミ

Audibleの実際の口コミについて見ていきましょう。

悪い口コミ

まずは、悪い口コミから見ていきます。

  • 本の文章は読めない
  • アプリを消去しても解約にはならない

Audibleでは本を聴くことはできますが、文字では読むことができません。

本の付録として、図や表などを確認することはできますが、文章で読むことはできないのが残念なポイントです。

Audibleの解約ではしっかりと解約手続きを行わないと月額料金が発生してしまいます。

アプリをアンインストールしただけでは、解約にはならないので注意が必要です。

良い口コミ

次は良い口コミを見てみましょう。

  • 目が疲れない
  • いつでも読書ができる
  • 「〇〇しながら」読書ができる

読書は文字を目で追ったり、電子書籍だと疲れてしまいます。

Audibleなら耳から聴くことなので目が疲れたりすることはありません

また、家事や通勤中、運動時などの〇〇しながら読書することができます。

ちょっとしたスキマ時間で読書することができるのは良い点ですね

\30日間の無料体験あり!/

公式サイト:https://www.audible.co.jp/

Audibleを使ってみた感想

Audibleを使ってみた感想

Audibleを使ってみた感想は非常にコスパの良いサービスだと感じました。

僕は朝の散歩を習慣にしているため、散歩しながらAudibleで本を聴いています。

毎朝、ビジネス書や自己啓発書を聴くことで自己成長につながっていると実感しています。

ひゅー

文字を読むのが苦手という人におすすめです!

僕は文字を読むのが好きなので、本を読むことに苦は感じませんが、文字を読むのが苦手な人もいるかと思います。

Audibleは耳で本を聴くことができるので、非常におもしろいサービスです。

\30日間の無料体験あり!/

公式サイト:https://www.audible.co.jp/

Audibleの始め方

Audibleの始め方

Audibleの始め方について紹介します。

  1. Audibleのサイトを開く
  2. 「1か月の無料体験を試す」を選択
  3. Amazonアカウントでログインする
  4. 「支払方法」を入力
  5. 「無料体験を試す」を選択

以上で登録が完了になります。

ここまでの作業お疲れさまでした。

この後はAudibleのアプリをダウンロードしてからログインを行ってください。

Audibleに関するよくある質問

Audibleに関するよくある質問

ここでは、Audibleに関するよくある質問についてまとめました。

Audibleを解約するときは違約金はかかりますか?

Audibleを解約するときの料金はかかりません。

無料期間内に解約しても料金はかからないので、無料で1ヶ月体験することができます。

Audibleの賢い利用方法を教えてください

Audibleの賢い利用方法はスキマ時間を活用することです。

  • 通勤中
  • 運動時
  • 家事

などの時間に読書することで何気ない時間が読書時間になります。

\30日間の無料体験あり!/

公式サイト:https://www.audible.co.jp/

さいごに

今回はAudibleについて紹介しました。

Audibleは「耳から聴ける読書」として読書を聴くことができるようになるサービスです。

話した内容をまとめると、

良いサービスです
Audibleの特徴
  • 12万冊以上の作品が聴き放題
  • プロの声優や俳優が朗読してくれる
  • 語学の勉強に最適
  • ダウンロード機能がある
  • 再生速度が変更できる
  • 無料トライアルが30日ある

などについてお話をしました。

Audibleは30日間無料なので、気になる人はぜひお試しください。

  • スキマ時間を有効活用できる
  • プロの声優・俳優の朗読
  • コスパ最強!
30日の無料体験で「聴く読書」を楽しもう!

あわせて読みたい記事

記事内の画像の一部はAudibleの公式サイトより引用しています

よかったらシェアしてね!
読みたいところをタップ