「保険チャンネル」でお金の悩みや不安を相談!

【ERGO M575S】ロジクールの人気のマウスを使ってみた感想!

当ページのリンク先には広告が含まれています。
ロジクールのERGO M575Sの人気のマウスを使ってみた感想

ロジクールのERGO M575SはAmazonで非常に人気の商品です。

トラックボール付きのマウスで、口コミやレビューで高評価の商品となります。

そんな、トラックボール付きのマウスを実際に購入してみました。

この記事ではロジクールのERGO M575Sを使ってみたメリットとデメリットを紹介します。

この記事でわかること
  • ロジクールのERGO M575Sとは
  • ロジクールのERGO M575Sのメリット
  • ロジクールのERGO M575Sのデメリット
メリット
デメリット
  • 手首が疲れにくい
  • マウスの操作が簡単にできる
  • 仕事の効率がUP
  • 操作に慣れるまでに時間がかかる
  • 値段が高い
  • マウスが大きい
\新生活フェア 開催中!/
楽天市場
読みたいところをタップ

ロジクールのERGO M575Sとは

ロジクールのERGO M575Sの箱

ロジクールのERGO M575Sトラックボールが付いているマウスです。

カメさん

トラックボール?

ひゅー

トラックボールは親指でマウスを動かすことができます!

カメさん

なんのメリットがあるの?

ひゅー

腕を動かす必要がなくなるので、手の疲れを軽減してくれます!

カメさん

それは助かる!

トラックボールが付いているマウスの最大の特徴は仕事効率が良くなることです。

とくに、パソコンを長く使っている人にとって、マウスは必需品ですよね。

マウスの操作性が上がると、仕事の効率も上がります。

ERGO M575Sの特徴
  1. BluetoothまたはUSB
  2. 電池寿命最大24か月
  3. トラックボール付き

ロジクールのERGO M575Sのデメリット

ロジクールのERGO M575Sのデメリット

ロジクールのERGO M575Sを使ったデメリットは以下の通りです。

それでは、詳しく紹介していきます。

操作に慣れるまでに時間がかかる

一般的なマウスを利用している人にとって、トラックボール付きのマウスに変えるときに、違和感を覚えます。

ひゅー

僕も、慣れるまでに、1日はかかりました。

ですが、トラックボール付きのマウスに慣れたら、もう手放せなくなります。

親指でマウスを動かすのですが、少し微調整が必要です。

慣れていないと、思っている場所を選択ができなくて、余計に時間がかかったことも。

慣れるまでに時間はかかりますが、慣れてからは操作性がUPします!

値段が高い

ロジクールのERGO M575Sは値段が高いです。

マウス1つに、7,000円程度します。

カメさん

マウスにこんな、お金をかけられないよ、、、。

ひゅー

僕も正直、購入しようか迷っていました。

カメさん

購入しようとした決め手は何ですか?

ひゅー

それは、手首が疲れにくいのが決め手でした。

たしかに、マウス1つに7,000円は高いです。

ですが、この7,000円で手首の疲れを軽減してくれたらうれしいですよね。

購入する前は心配でしたが、購入してから、買ってよかった!

と、思っています。

マウスが大きい

ロジクールのERGO M575Sはマウスが大きいです。

そのため、持ち運びには向いていないと感じます。

僕は、お家で使うために、購入したので、気になりませんでした。

ですが、マウスを持ち運びして使いたい!

という人には、おすすめすることができません。

また、手が小さい女性とかはしっかりと購入前に、サイズを確認しておくことをおすすめします。

トラックボールを親指を使ってマウスを動かすので、サイズ感が合わなければ余計に疲れてしまいます。

購入前には、しっかりとサイズを確認しておきましょう。

ロジクールのERGO M575Sのメリット

ロジクールのERGO M575Sのメリット

つぎに、ロジクールのERGO M575Sを使ったメリットは以下の通りです。

手首が疲れにくい

トラックボール付きのマウスは手首が疲れにくいです。

前に、使っていた一般的なマウスは手首を動かす必要がありました。

カメさん

マウスを動かすなんて、当り前じゃないの?

ひゅー

トラックボール付きのマウスはマウスを動かさないんです!

カメさん

本当に!?

ひゅー

動かすのは親指ですよ。

カメさん

それを忘れていた!!

基本的には、マウスを動かさずに使用します。

そのため、手首が疲れることが減りました。

マウスを動かしていたら、マウスの下の部分がこすれてしまいますよね。

トラックボール付きのマウスではそれがなくなります。

僕はマウスパッドの上にマウスを置いて使っているので、下がこすれることがありません。

ひゅー

机もマウスがこすれないので、キレイに、長く使用ができる!

マウスの操作が簡単にできる

トラックボール付きのマウスを使用すると、操作性が上がりました。

ロジクールのERGO M575Sでは、

  • カーソルを動かす→トラックボールを親指で操作
  • 前や後ろに戻る→ボタンをクリック

することができます。

マウスの操作が簡単なので、慣れてしまえば、簡単に扱うことができます。

シンプルなデザインと機能なので、初心者の人でも扱えます。

仕事の効率がUP

トラックボール付きのマウスを使用していると、仕事の効率がUPしました。

ひゅー

この記事を書いているときも、トラックボール付きのマウスを使用しています。

操作が簡単なので、自分がしたいことをするに入力したりできます。

前までは、マウスを動かさなければいけなかったので、大変でした。

今は、ノールックでカーソルを動かせるので、仕事の集中することができます。

ひゅー

仕事の効率を上げたい人にトラックボール付きのマウスを使用がおすすめ!

ロジクールのERGO M575Sのお届けについて

ロジクールのERGO M575Sのマウス

ここでは、ロジクールのERGO M575Sがどのように届いたのか紹介します。

ロジクールのERGO M575Sの箱

このような箱に入って届きました。

その前に、ダンボールで届いたのですが、先に開けてしまって画像がないです。

ロジクールのERGO M575Sの箱から取り出している

箱を開けると、紙が2枚と、マウス本体が入っていました。

ロジクールのERGO M575Sのマウスを出してみた

マウスの本体を開けてみると、このような感じです。

けっこう、むき出しのまま入っていましたね。

ですが、傷などもなかったので、良かったです。

ロジクールのERGO M575Sのマウスの裏側

マウスの裏側はこのような感じです。

この白い部分を引っこ抜くと、電池が起動するようになっています。

電池が入っていたいので、別途で購入しなくても良かった点がうれしいです。

ロジクールのERGO M575Sのマウスの電池部分

電池を入れるところに、USBの接続部分が入っていました。

持ち運びの際は、なくさないでで持ち運びができそうですね。

ロジクールのERGO M575Sのマウスを手に持った感じ

手に持った感じはこのような感じでした。

手になじむようなフィット感がたまりません。

ロジクールのERGO M575Sのマウスをマウスパッドの上に置いてみた

マウスパットの上に置くと、このような感じです。

マウスがでかくて、マウスパットが埋まってしまいそうですね。

ですが、マウスは動かさないので、心配はいりません。

さいごに

今回は、ロジクールのERGO M575Sを使ったメリットとデメリットについて紹介しました。

話した内容をまとめると、

メリット
デメリット
  • 手首が疲れにくい
  • マウスの操作が簡単にできる
  • 仕事の効率がUP
  • 操作に慣れるまでに時間がかかる
  • 値段が高い
  • マウスが大きい

などについて、お話しました。

結論を言うと、

仕事効率を上げたい人におすすめ!

と、なります。

慣れるまでに、時間はかかりますが、慣れたら仕事の効率がUPします。

トラックボール付きのマウスの操作性を知ってしまったら、元のマウスに戻りたくない!

と、思えるほどです。

トラックボール付きのマウスを使って、仕事の効率を上げよう!

\新生活フェア 開催中!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
読みたいところをタップ