——— MENU ———

\タップでカテゴリーページに移動!/

\オリジナルグッズを販売しているよ!/

\ブログ運営に関することを知りたい!/

Amazonのタイムセールでお得に購入!

eco検定の難易度は?勉強時間や勉強方法をわかりやすく紹介!

当ページのリンク先には広告が含まれています。
eco検定の難易度と 勉強時間や勉強方法

SDGsが推奨されている今、eco検定が話題になっています。

カメさん

eco検定を受けたいけど、難しいの?

ひゅー

eco検定の難易度は比較的簡単となっています!

この記事ではeco検定の難易度や勉強方法について紹介します。

この記事でわかること
  • eco検定の難易度
  • eco検定の勉強方法
  • eco検定の勉強時間
  • eco検定に関するよくある質問
引用:エコ検定
読みたいところをタップ

eco検定の難易度

eco検定の難易度

eco検定の難易度は比較的簡単となっています。

スクロールできます
受験年度受験者数合格者数合格率
2017年20,818人15,193人73.0%
2018年21,641人15,843人73.2%
2019年29,202人21,772人74.6%
2020年14,770人11,679人79.1%
2021年32,929人24,456人74.3%
2022年38,300人24,711人64.5%
引用:エコ検定

eco検定の合格率が「約60~70%」くらいとなっています。

基本的には70%くらいなので、難易度は比較的低めとなります。

eco検定のテキストと問題集で勉強すれば、合格ができるようになるでしょう!

eco検定は「100点満点中の70点以上取れば合格」となります。

問題の形式は選択式(マークシート)となっています

記述式の問題がないので、問題に答えられなかった!というのがないのが難易度が低めの要因ですね。

試験時間は2時間となっています。

eco検定の出題範囲

eco検定の出題範囲を紹介します。

出題範囲は主に、「eco検定公式テキスト」か「eco検定公式問題集」から出題されます。

この2つを勉強するのが合格への近道となります。

出題範範囲
持続可能な社会に向けて
地球を知る地球の基礎知識
いま地球で起きていること など
環境問題を知る地球温暖化と脱炭素社会
エネルギー
生物多様性・自然共生社会
地球環境問題
循環型社会
地域環境問題
化学物質
災害・放射性物質 など
持続可能な社会に向けたアプローチ
各主体の役割・活動各主体の役割・活動とパブリックセクター
企業の環境への取り組み
個人の行動
NPO、各主体の連携 など
eco検定問題集
テキスト範囲外の時事問題
引用:公式テキスト

以上のような問題が出題されます。

しっかりと、テキストと問題集で勉強しておきましょう。

テキスト範囲外の時事問題からも出題されるので、注意してください。

eco検定にはどんな問題がでるのか

eco検定でどのような問題が出るのか知りたいですよね。

まずは、練習問題を見ていきましょう。

問題は公式HPで記載されている内容となっています

次の文章のうち、内容が正しいものには①を、誤っているものには②を選びなさい。
「パリ協定では、温室効果ガスの削減目標を先進国ごとに設定した京都議定書とは異なり、各国が自主的に緩和に関する約束を作成・提出し、約束を達成するための国内対策を実施する。」
問題の答えはこちらをタップ

答え:①

次の文章の[ ]の部分にあてはまる最も適切な語句を、下記の中から1つ選びなさい。
「ビールびん、牛乳びんは使用後回収され、循環活用される[ ]の仕組みが構築されている。」
選択肢:①リユース ②デポジット ③リペアー ④リデュース
問題の答えはこちらをタップ

答え:①

「SDGs(持続可能な開発目標)」に関する記述で最も適切なものを下記の中から1つ選びなさい。
選択肢:
SDGsは、持続可能な社会の実現に向けて、それぞれ各国政府が責任を持って早期に達成することが義務付けられている。
2015年までの目標であったミレニアム開発目標(MDGs)は、主に途上国を対象としてきた。その後継のSDGsは先進国にも途上国にも適用される。
SDGsは、それぞれのゴールを単独で目標達成することが求められている。
問題の答えはこちらをタップ

答え:②

eco検定の勉強方法

eco検定の勉強方法

eco検定の勉強方法は「eco検定公式テキスト」と「eco検定公式問題集」を繰り返して勉強する方法です。

エコ検定公式テキストで大体の内容を把握して、エコ検定公式問題集で問題を解いていきます。

eco検定は選択式(マークシート)なので、内容を完璧に覚える必要はありません。

カメさん

記述とかあったらイヤだったから安心だ!

ひゅー

選択式なので、とりあえず回答はしておきましょう!

とにかく最短で資格に合格したい!という人はeco検定公式問題集だけでも良いでしょう。

いくら知識があっても、問題形式にこたえられなければ意味がありません。

むしろ、問題さえ解けてしまえば最短で合格することができます。

eco検定の合格への近道!
eco検定の勉強方法!
  1. テキストをとりあえず読んでみる
  2. 問題集の問題を解く
  3. 解けなかった部分をテキストで確認
  4. 問題集の問題を解く
  5. →繰り返し行う

eco検定の勉強時間

引用:エコ検定

eco検定の勉強時間は約1~2か月あれば合格できるといわれています。

約70%以上の人が2か月以内での勉強で合格できています。

カメさん

時間のない人でも合格できそうな資格だね。

ひゅー

前もって、勉強をしていれば合格ができる試験ですが油断しないように勉強しておきましょう!

一発で合格がしたい!という人は3か月程度の余裕をもって勉強を始めると良いでしょう!

eco検定に関するよくある質問

eco検定に関するよくある質問

ここでは、eco検定に関するよくある質問にお答えします。

eco検定にかかる費用はどのくらいですか?

IBT(インターネット)試験では費用は5,500円です。

CBT(対面)試験では5,500円+2,200円の7,700円です。

そのほかにもテキストや問題集を購入するお金がかかります。

eco検定はどのよな人が受験できますか?

年齢や性別問わずに、だれでも受験することができます。

eco検定は年に何回試験が行われますか?

eco検定は年に、2回行われます。

eco検定の合格基準はありますか?

eco検定は100点満点中の、70点以上取ると合格になります。

さいごに

今回はeco検定の難易度や勉強方法について紹介しました。

eco検定の難易度は比較的簡単となっています。

現代社会は、SDGsに関心がある人が多いので、eco検定を受験して損はないでしょう。

企業でもeco検定をとるような取り組みもしているので、就活や転職にも役立ちます。

eco検定の勉強方法は、

eco検定の合格への近道!
eco検定の勉強方法!
  1. テキストをとりあえず読んでみる
  2. 問題集の問題を解く
  3. 解けなかった部分をテキストで確認
  4. 問題集の問題を解く
  5. →繰り返し行う

となっています。

eco検定の公式テキストと問題集を繰り返し勉強すれば合格することができます。

ぜひ、eco検定の資格を取るチャレンジをしてみてください!

よかったらシェアしてね!
読みたいところをタップ